発声の仕組み

人間が発生する仕組みは、木管楽器に似ているといわれる。ところで、私は個人的に音楽が好きだ。ジャンルとしては、HouseやTechnoである。しかし現在、流行しているEDMは苦手である。
 
さて、話が脱線したが直接的に私たちの体で音がでる箇所は声帯と呼ばれる喉にある器官である。肺から息が押し上げられることにより声帯が振動し、それが声の元となる音になる。その後、音が咽頭啌や口腔、鼻腔を経由し加工され、声として出力されるのである。

声道模型
 
欧米人であろうが日本人であろうが同じ人間なのだから、基本的な発声の仕組みは同じである。しかしサッカーで南米や欧州でスタイルに違いがあるように、発生も言語により微妙に異なっている。
 
一般に米国人は腹式呼吸でもってパワフルに腹から息を押し上げて喋るが、日本人は喉から上でか細く喋る。また日本人は喉(咽頭啌)が閉じている状態で喋るため、声に厚みがないのである。
 
どちらが人類として正しい発声などという概念は存在しないが、可能であれば英語を話す時は英語の発声をした方が、「英語らしく」はなるだろう。

英語発音をもっと詳しく知りたければ、speekのサイトを訪問しましょう。

音声学に基づいた英語発音矯正スクール “speek” ウェブサイト

>国内最強! 英語発音矯正スクール speek

国内最強! 英語発音矯正スクール speek

驚くべきことに成人してからでも十分に英語発音は習得可能。ネイティブレベルの発音を身に付けて、行けるところまで行こう。