Thをより良く発音するためのコツ

英語にあって日本語にない子音は幾つかあるが、thは正に筆頭格だろう。RやLもよく取り上げられるが、thは舌を出して発音するという日本人からみても、そして世界の他の言語からしても非常に稀有で奇異な音素なので注目を集めてしまうのである。

発音記号だと、/θ/ (Theta)と書く。日本語にもある /s/ に近いがやはり似て非なるものだろう。

さて、そのthだが、学術書でない一般向けの英語発音本では、「口から舌を出して発音する」と書かれている場合が多い。これは間違ってはいないものの、th の本質を抑えた説明の仕方ではないと私は考える。

Th は発声方法 (Manner of aspiration) としては「摩擦音」である。摩擦とは息を「何かに」摩擦させて出す音だが、それではどこを摩擦させる音だろろうか?正解は前歯と舌の間に狭い空間(隙間)を作り、その間で息が擦れる音である。(摩擦音)

したがって、舌を口から出せば発音されるという安易なものではない。前歯と舌の隙間の息の擦れを意識しなければ出せない音なのである。お分かり頂けただろうか。

さてここから応用すると、なにも無理をして舌を口から出さなくても、前歯の裏側と舌ので隙間をつくってそこから摩擦音をだすこともできるのではなかろうか。正解はそれでも可能なのである。実際、ネイティブも早口で話している際はこの方法を用いる場合もある。大事なのは、前歯と舌の隙間を息で擦ればどのような音がでるかを外形ではなく身体で掴むことなのである。

英語発音をもっと詳しく知りたければ、speekのサイトを訪問しましょう。

音声学に基づいた英語発音矯正スクール “speek” ウェブサイト

>国内最強! 英語発音矯正スクール speek

国内最強! 英語発音矯正スクール speek

驚くべきことに成人してからでも十分に英語発音は習得可能。ネイティブレベルの発音を身に付けて、行けるところまで行こう。