ビジネスで必要な英語のスピードについて

ビジネスで英語を使う状況といえば、メール、会議、電話会議である。メールのみしか英語を使わない人の場合、必要なスキルはReadingとWritingである。メールは会話と違い即応する必要がないため、時間をかけて対応すればいいから気が楽だ。しかし僅か数行の英文メールを書くのに半日を費やせば給料泥棒になってしまうので、それも程度の問題である。

会議は相手があっての話なのでスピードが求めらるから、英語初心者には苦しいだろう。しかしここで変に分かっていないのに理解しているふりをしたりすると、後で辻褄が合わなくなる。恥ずかしがらずに会議の後でいいから、何らかの手段で内容を、Clarify (明確化)する勇気が必要だ。

最も難しいのが電話会議である。スピードという意味では対面の会議と同じだが、頼りになる情報は音声のみで、相手の表情、ジェスチャーといった視覚情報を読み取れない。電話だと日本人同士の日本語の会話でも固有名詞(人の名前など)で聞き間違いが起こる。したがって、英語の電話会議を流暢にできれば、その人は自分は英語上級者だという自信を持ってもいいと考えるのである。

英語発音をもっと詳しく知りたければ、speekのサイトを訪問しましょう

音声学に基づいた英語発音矯正スクール “speek” ウェブサイト

>国内最強! 英語発音矯正スクール speek

国内最強! 英語発音矯正スクール speek

驚くべきことに成人してからでも十分に英語発音は習得可能。ネイティブレベルの発音を身に付けて、行けるところまで行こう。