Rの正しい発音の方法

英語の発音と聞いて素人が真っ先に思い浮かべるのは、RとLの違いだろう。それなりに英語を長期間学習している人でもRとLを聴き分けられない人は相当に多い。しかし両者の音声学的な違いを理解すれば聴き分けはそこまで難しくはない。

日本語の「らりるれろ」は音声学的には「はじき音」と呼ばれるのだが、RとLとどちらに近いかといえば、Lだろう。ローマ字で「ら行」を表記すると、RA, RI, RU, RE, ROだが、音声学的見地から言えばその表記に少し違和感はある。

さて、そのRの音だが本質は何かといえば、咽頭腔(喉の空間)が狭まることにより発生する篭もるような音である。ゴロゴロする音で男性が発音すると顕著に分かる。

英国式のRが舌先をあげる、米国式が舌根を持ち上げる、という。これらの解説は正しいが、あまり本質的な説明ともいえない。口の周りの器官というのは繋がっているので、米国式であれば舌根を持ち上げることにより、咽頭腔が狭まるのである。したがって舌を持ち上げるのが目的ではなくて、それにより咽頭腔が狭めることを狙っているのである。

自分がRの音が正しく発声できてきるか不安であれば、舌の持ち上げ方云々を気にするよりは、咽頭腔が狭まって出るあの独特な喉から出るゴロゴロした音が聴こえるかを気にするべきである。

英語発音をもっと詳しく知りたければ、speekのサイトを訪問しましょう。

音声学に基づいた英語発音矯正スクール “speek” ウェブサイト

>国内最強! 英語発音矯正スクール speek

国内最強! 英語発音矯正スクール speek

驚くべきことに成人してからでも十分に英語発音は習得可能。ネイティブレベルの発音を身に付けて、行けるところまで行こう。