発音は、おもいやり。

最近は飲食店やコンビニで外国人労働者が増えている。私はローソンの「からあげクン」が好物である。あまり上品ではないが会社帰りに唐揚げをほうばりながら歩く。

さて、コンビニの店員も日本語の発音の上手い下手があって、中には商品名をうまく発音できない人も散見する。自分もかつてアメリカにいて海外から来た人間が外国語を話すことは如何に大変か理解しているつもりなので、寛容であろうと努力するが、それでも何を言っているのか分からず、仕方なしに商品を指差すこともある。ある種のストレスである。

日本に長く住んでいるアメリカ人は良くも悪くも日本人が話す英語に慣れている。しかし日本人英語に慣れていない米国人にとっては本音を言えば、日本人が話す英語はやや聞き取りづらい。

英語と日本語の発音の相違点をあげればきりはないが、もし代表格あげるとすれば、Rである。例えば Bird と発音する際、米語だと間にRを発音する。(厳密にはHooked schwaだがR性母音なのでここではRと看做す) 他方で日本人は「バード」と中にRを入れずに発音するので、Badに近いような音になる。日本人当人が「鳥」と言いたいのは文脈から推し量れば理解できる。決して「悪い」ではない。しかしそれは聞き手である米国人が相手の英語を理解しようと集中しているから意思疎通が成立するのである。米国人からするとこのようなことが毎回続くと、先のコンビニの私の例のようにストレスが蓄積しているかも知れない。

そういう意味では正しい発音で話すのは実は「思いやり」なのである。

英語発音をもっと詳しく知りたければ、speekのサイトを訪問しましょう。

音声学に基づいた英語発音矯正スクール “speek” ウェブサイト

>国内最強! 英語発音矯正スクール speek

国内最強! 英語発音矯正スクール speek

驚くべきことに成人してからでも十分に英語発音は習得可能。ネイティブレベルの発音を身に付けて、行けるところまで行こう。