発音記号(母音)の読み方のコツ

日本語の母音は、ア、イ、ウ、エ、オの5つである。他方で米語の母音は考え方にもよるが26種類あると言われている。そんなに多くを覚えなければいけないのかと嫌気が差すかも知れないが、実際には二重母音、三重母音もそれに含まれるため、14種類を理解すれば、あとはそれらの組み合わせである。それでも日本語の5種類より多いとなるが、まずは図を見て頂きたい。

これは聴覚印象上の母音の相対的位置関係を示している。難しい言い方をしているので簡単に言うと、この図はそれぞれの母音を発音した時の舌の一番高い箇所をプロットした図である。

例えば、日本語のエと/e/は位置が近いので似たような音であることが分かる。したがって、英語でmake /meɪk/を発音するときは日本語のカタカナ風に「メーィク」と発音しても母音については概ねokであることを意味している。

/æ/という発音記号を左下にご覧いただけると思う。概ねアとエの中間にある。猫の鳴き声の真似をする時の「ニャー」に近い音で、正にアとエが混じったような音だ。名古屋の年配の人が話す方言で「えびふりゃー、うみゃー(海老フライ上手い)」は音声学的には/æ/にあたる。

この図の利点は一つずつ発音記号を丸暗記しなくても何となく相対的な位置で感覚的に母音を掴めることである。

英語発音をもっと詳しく知りたければ、speekのサイトを訪問しましょう。

音声学に基づいた英語発音矯正スクール “speek” ウェブサイト

>国内最強! 英語発音矯正スクール speek

国内最強! 英語発音矯正スクール speek

驚くべきことに成人してからでも十分に英語発音は習得可能。ネイティブレベルの発音を身に付けて、行けるところまで行こう。